横浜市神奈川区のデイサービス様のカーペットクリーニング

横浜市のデイサービス様のカーペットクリーニングの現場紹介です。

お客様が食事後に、吐いてしまい自分たちで綺麗にしたのだが、どうしても完全に一度クリーニングしたいという事で依頼を受けました。

お伺いした時はもう臭いなどもなく、どこがその場所なのかもよくわかりませんでしたが、やはり気分的にも一度業者に依頼した方がよいという事でした。

バルチャー作業

約100平米という事でしたので、バルチャーの小型タイプ、38インチのものを使用しました。

リンサー作業

リンサーは、規模的にはS101で大丈夫だと思ったのですが、バキュームが2個搭載されたS102を使用しました。吸い込みの力が2倍ですので、カーペットの奥に入り込んだ汚れを吸い取る事ができるからです。

カーペット清掃後の状態

作業は荷物を移動しながら半分づつ行いました。

特に気になる部分は徹底的に作業しました。土足ではない現場様ですが、それでもリンサーの汚水はかなり真っ黒に汚れていました。

保育園様やデイサービス様などは、できれば年に1回くらいは衛生上、カーペットクリーニングを行った方が良い気がします。

カーペットの中にはダニなどの死骸や、髪の毛などがたくさん入っています。こういう汚れは一旦、完全にシャンプー作業をしてカーペットからかき出して、一気にリンサーで吸い取るという事をしないとなかなか綺麗にはなりません。

100平米くらいであれば、作業時間も2時間くらいで終了します。

使用している洗剤も、カーペットクリーニング用のものと、弊社販売の自然分解100%のプラニソールMの2種類あります。

今回の現場様は、やはり非常に汚れを気にされていたので、消毒を含めた成分のある強い洗剤を使用しました。

保育園様などと違い、デイサービス様の現場は、そんなに素足になる事もないので、全く問題ないと思います。もちろん、素足の現場でも、強い洗剤を使用したからといって、病気担ったりする事は一切ありませんので、ご安心ください。

カーペットクリーニングはぜひ、アスターへお任せください!

コメント


認証コード7730

コメントは管理者の承認後に表示されます。